マルベリーのストーリー


image description

1971年、英国サマセット州で誕生したマルベリー。

創業者のロジャー・ソールが母親から500ポンドの資金を得て、自宅の台所で事業をスタートしました。ロジャーが毎日通っていた通学路の脇にある木をモチーフに、ロジャーの姉がブランドのシンボルマークである木のロゴをデザインしました。「マルベリー」というブランド名は、このマルベリーの木にちなんで付けらたものです。こうしたマルベリーの成り立ちからも、自然を愛する心や家族の絆をベースにして生まれた、英国らしさを大切にするブランドであることが感じられます。

ブランド初の作品となったレザーのバックルベルトに続き、1979年にはブランドを代表するバッグやレディースウェアなどのアイテムを続々と発表。マルベリーの特徴である、時を越えて愛されるデザイン、伝統に裏打ちされた高いクオリティ、モダンなセンスがすべての作品に反映され、過去から現在、そして未来へと受け継がれていきます。

image description

マルベリーの伝統を形作る、そのアイデンティティーの基礎となるのが英国らしさ。初期の頃から、釣りや射撃、ハンティングといった英国のカントリースタイルをインスピレーションの源としながら独自のスタイルを打ち出してきたマルベリーは、当時流行りだった70年代の英国スタイルを代表する有名ブランドへと成長しました。現在においても、英国らしさをものづくりの原点としています。またマルベリーは、都会と田舎、ロンドンの雑踏とサマセットの田園風景のように、相反するものが生み出す魅力を追求することで、英国の伝統を重んじるスタイルに革新的なファッションを融合させた作品を作り続けています。伝統と反逆がぶつかり合い、ルールを打ち破ることで新しいものを生み出す。これがマルベリーのアプローチです。

image description

40年以上もの間、マルベリーは英国を代表するライフスタイルブランドとして業界を牽引してきました。その優れたクオリティとデザインは世界的にも高い評価を得ています。アーカイブデザインのトラウト サッチェルやアレクサ、そしてアイコンであるベイズウォーターなどのバッグは、英国ならではのデザインや製造技術を誇り、モダンでありながらも長く使えるクラシックなアイテムとして愛用されてきました。ロジャー・ソールの後継者として、マルベリーのデザイン&クリエイティブディレクターを務めたニコラス・ナイトリー、スチュアート・ヴィヴァース、エマ・ヒルに加え、2015年にはジョニー・コカが新しく就任。ファッションの時流に合わせてブランドに新風を吹き込み、それぞれの個性を生かした独自のスタイルを打ち出しています。

<マルベリーが試みるのは、伝統への新たなアプローチ。ブランドのこれまでの歩みや英国の豊かな伝統をベースとしながら、相反する魅力が重なり合う、真の英国らしさの創造に挑むみます。過去に新たな息吹を吹き込み、トラディショナルでありながらモダン、クラシックでありながら新鮮さを感じるデザインの創作に取り組んでいます。/p>

「クラシックなデザインに遊び心をプラスし、定番のスタイルにひねりを加え、馴染みあるものを新鮮でエキサイティングなルックに作り変えるのです。」

クリエイティブ・ディレクター


ジョニー・コカ